IUCなどの様々な避妊方法

様々な避妊方法を説明する医師

避妊には色々な方法があります。
例えば、IUCという方法が黄体ホルモン(プロゲステロン)を子宮の中に持続的に放出させる子宮内のシステムを使う方法です。
これ以上妊娠を希望しない人や、次回の出産までに期間をあけたい人、などに適しています。ただし、現在骨盤内炎症疾患(PID)にかかっていたり、何度も繰り返している人は使うことができません。
こういう人の場合には、低用量のピル(OC)を使ったほうが良い可能性が高いです。
ピルは低用量から高用量のものまであります。アイピルは高用量ホルモンの緊急避妊薬で、SEXのときにコンドームがはずれてしまったり、レイプの被害に遭ったなどという緊急時に使います。アイピルは性交渉後の24時間以内に正しい使い方で服用すれば、95%以上の確率で避妊することができます。ただし、子宮内膜に受精卵が着床してしまった後では効果がないので、気になる行為があった後にはすぐに使うことが重要です。
計画的に避妊する薬ではなく、トラブル時に使う薬と考えておくと良いでしょう。
緊急避妊避妊薬は、できれば常備薬として持っていたほうが良いです。特に頻繁にSEXをするという元気な女性であれば、いつ妊娠してもおかしくないので準備しておきましょう。
婦人科やレディースクリニックを受診して処方してもらうのはハードルが高いという場合には、ネットの個人輸入代行業者を通して、海外から個人輸入することも可能です。海外の薬なので、安く使えるというメリットがあります。
IUCを試してみたいけれども、骨盤内炎疾患などで治療を受けられない人は、アイピルやピルで対処してみましょう。
ちなみに、病院で処方してもらう場合には保険は適用されません。