旅行のときにはアイピルを用意

旅行にアイピルを用意するカップル

旅行のときには、いつもよりもウキウキしてハイテンションになってしまうものです。そのため、酔った勢いで旅行先でコンドームをつけずにSEXしてしまい、妊娠してしまうなどというリスクもあります。
こういうリスクに備えて、旅行カバンにはアイピルをしのばせて行ったほうが良いです。
海外旅行の場合は、個人輸入で買ったアイピルなどを所持しているとトラブルになる可能性がありますが、近場の旅行であれば持って行ったほうが安心です。
アイピルは性交渉から24時間以内に飲むと95%以上という高い確率で避妊を成功させてくれますが、時間が経つごとに成功率が下がってしまいます。家では常備薬としてアイピルを置いていたけれども、旅行先には持ってこなかったとなると、慌てて帰るか、近くの婦人科に駆け込む必要が出てきます。
ゆっくりと安心して旅行を楽しむためにも、事前に個人輸入をするか病院で処方してもらっておいて、カバンに入れておくと安心です。
ピルが避妊に対して作用するのは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2つのホルモンが含まれているからです。この2つの女性ホルモンが脳下垂体に作用すると、排卵を促すホルモン(LH、FSH)の分泌が抑えられます。
さらに、子宮内膜に受精卵が着床してしまうのを防ぐ効果もあります。精子の侵入を防ぐ効果もあります。
受精卵が着床してしまうと妊娠してしまいますが、それよりも前にアイピルを飲んで阻止することができれば、避妊することができます。
望まないタイミングでの妊娠は、精神的なダメージになります。また、中絶などが必要になれば肉体への負担もかなり大きくなってしまうので気をつけましょう。