ピルとアフターピルの違いは?

ピルとアフターピルの違いは

普通ピルと言えば低用量ピルのことで、これは経口避妊薬として使用されています。毎日1錠づつ飲み続けることで、排卵を抑制して、ほぼ100%近く避妊をすることができます。
その成分は、エストロゲンとプロゲステロン類似物質で、これらのホルモンの働きにより、脳下垂体は妊娠したと判断をして、排卵を促す黄体化ホルモンの分泌を抑制します。黄体化ホルモンが分泌されないので、卵巣は排卵をせず、休眠をした状態になります。ピルの服用を中止すれば、脳下垂体は「妊娠状態が終了した」と判断をして黄体化ホルモンの分泌を促しますので、排卵が始まり、妊娠が可能になるのです。
何時からでも、服用を開始することができ(生理中に始める人が多いです)、避妊効果だけでなく生理が軽くなったり、生理前のいらいらがなくなったり、肌荒れやニキビが消え、子宮体癌や卵巣がんになりにくくなり、子宮内膜症が治ったり、乳房の良性腫瘍の発生率が下がります。
一方アフターピルは、避妊に失敗してしまった場合の緊急避妊薬です。
性行為で「避妊に失敗したな」と思った時に、72時間以内に1錠飲みさらに、12時間以内に、もう1錠飲むと(最近は、避妊に失敗したな」と気がついたその後1錠飲めば良いものもあります)約80%の確率で避妊をすることができます。
性行為後、飲むのが早ければ早いほど、成功率は高くなり、時間がたてば避妊できる確率は下がります。
なるべく早く、飲めるように、アフターピルは常備しておき、緊急時にすぐ飲めるようにしておくべきです。
低用量ピルに含まれる女性ホルモンは、50μg未満で、アフターピルには、中用量ピルが使われるために、50μgの女性ホルモンが含まれています。