アイピル服用後の副作用

副作用に悩む女性

アイピルは、緊急避妊用として使用されるジェネリック医薬品です。計画的に毎日服用するピルと違って、避妊に失敗してしまった場合でも24時間以内に服用すると95%、72時間以内で75%という高い割合で避妊効果が得られます。
通常女性の身体には一定の女性ホルモンが存在していますが、アイピルを服用する事により体内での女性ホルモン量が急激に増加するとで様々な作用を及ぼします。排卵の抑制や着床の防止などの避妊効果と副作用の問題があります。
副作用としては頭痛、めまい、嘔吐や倦怠感、不正出血などがあります。これらは毎日計画的に服用する通常のピルでもおこる症状ではありますので、身体が慣れてくると自然に改善されます。副作用には個人差がありますが、とくに嘔吐が多いので食後の服用がおすすめです。またひどい方は、一日から2日ほど全く動けない方もいます。すでに妊娠して要る場合はさらに深刻です。誤って服用した場合妊娠がすすむほど女性胎児であれば外性器の男性化、男性胎児であれば女性化がおこる場合があります。
現在アイピルは多くの女性達に人気のピルで緊急避妊効果以外に日常的に毎日服用する方が増えています。生理痛の軽減や肌荒れの改善など女性ホルモン特有の効果は期待できますが、長い期間服用することで、副作用も強くなります。また反対にホルモンバランスが乱れて、湿疹や乾燥肌などの肌トラブルも増えています。とくに湿疹の場合は、頭のてっぺんから足先まで全身に発疹しますので、時間がかかります。頭痛、嘔吐とともに非常に頑固な便秘の障害も大きいでています。食生活では、バナナを始め食物繊維の摂取に注意して早く改善させた方が、他の副作用にも有効です。