アイピルはコンディショニング法に使う経口タイプの薬

女性アスリートが様々な世界の舞台で活躍するようになっている昨今では、パフォーマンスを引き出すために、女性特有の生理を考慮した体調管理の方法が取り入れられています。女性アスリートの支援では、月経周期をコンディショニング法に取り入れる研究をしており、生理前には体重の増加や食欲の増進がある一方で、生理が始まることで体重が減少します。無理な減量をすることで月経不順などの症状を引き起こしてしまいますので、月経周期をコンディショニング法に取り入れて、自分で周期をコントロールするためにピルを服用する方法もあります。ピルは避妊薬としての作用さけではなく、生理痛や出血過多を抑制する作用もあります。そのためにピルを服用するコンディショニング調整についても、様々なアプローチが行われています。
それらのピルの使用方法とは別に、望まない妊娠を回避したいときに用いられるものが緊急避妊薬となります。緊急避妊薬の1つとしてアイピルがあり、低用量ピルとは異なり、性行為をしてから24時間以内に服用することで行為後であっても妊娠を回避できます。アイピルはクリニックを受診することで処方してもらえますので、近くの病院で処方が受けられるところを確認しておくと良いでしょう。アイピルはノルレボのジェネリック医薬品となっており、経口タイプの避妊薬でノルレボと同じ成分で製造されています。服用するタイミングによって妊娠防止率が異なってきますので、高い確率で妊娠を回避したいときには、できるだけ早く飲むことがおすすめです。25~48時間経過してしまうと、妊娠を防止できる確率が85%となり、49~72時間以内に服用したときには58%まで防止率が低下します。妊娠を回避したいと考えているときには、早めに服用を行って対応することが大切です。