アイピルによるむくみや胆汁性肝硬変などに注意

むくみが気になる女性

望まない妊娠をしないために、緊急対応として飲むと効果が期待できる薬にモーニングアフターピルと呼ばれる薬があり、アイピルはレボノルゲストレルを成分としています。性行為中にコンドームが破れてしまった場合など、行為があってから72時間以内に飲むことで高い確率で妊娠を防ぐことができるため、事前に購入して備えておかなければならない薬です。
アイピルなどモーニングアフターピルを服用すると、体内のホルモンバランスに変化が起きます。生理前や妊娠中と近い状態になることで排卵や着床を防ぐことにつながります。薬により急激に体に変化を与えるため、副作用ともいえる効果が体にあらわれやすく、吐き気や嘔吐を起こしたり胸の張りや細胞の保水力によりむくみも起きやすくなります。
嘔吐があったときに薬の成分まで吐き出してしまうと避妊に失敗してしまうことがあるため、吐き気が強い時に2回目を服用する必要があるときには、吐き気を抑える薬や酔い止めなどと服用することで吐き気を抑えられます。胸の張りがあると妊娠してしまったのではと誤解して不安になる人も多いですが、ホルモンの増加により妊娠初期のような状態になりやすいです。
中年の女性に起こりやすい原発性胆汁性肝硬変は自己免疫がかかわって起きるもので、徐々に胆汁の流れが悪くなっていきます。胆汁うっ滞性肝疾患から慢性的になり黄疸なども見られてくる状態が、最終的に肝硬変につながっていきます。胆汁うっ滞は妊娠中に起きることも多く、アイピルによって妊娠中に近い体の状態になったときに症状が出る可能性が否定できないため、黄疸などの症状や初期症状としてあらわれやすい皮膚のかゆみが続くようであればすぐに診てもらうべきです。